クレジットカードの信用情報

カード会社からクレジットカードの貸与を受けるに際しては、各社が設定した審査基準をクリアせねばなりません。
その際に参考資料として確認されるのが、勤務先や勤続年数、年収などの個人情報データである事は、既に多くの方々がご存知の通りです。
そして晴れて審査を通過し発行されたカードの利用状況、そして毎月の支払いが遅滞無く遂行されているかなど、会員1人1人の利用状況が、その人物に関するクレジットカードの信用情報です。
このサイトではこの信用情報がどのように扱われ、どのような効力や影響力を有するかを述べて行きます。

通常通り円滑に利用金額を支払い続けてさえいれば、皆さんのお手元のカード利用状況に関する信用情報には、何のマイナスの情報が加えられる事もありません。
但しその理由を問わず、決済期日に支払われない、いわゆる延滞が発生した場合、その旨の詳細が信用情報に記録されます。
初期段階では業界内で事故情報と表現されるこの出来事は、あくまでカード会社内の情報ですが、事故が複数回重なる、更には常習性が確認された場合、状況は一気に厳しくなります。
各カード会社が共通して提携している信用情報機関にその旨が知らされれば、特定のカード会社内を越え、各金融機関が事故情報を共有します。
カード利用停止や新たなカードの作成が不可となる、いわゆるブラックリスト入りへのリスクが一気に高まるこの展開の当事者となる事は、絶対に回避しなければなりません。